竹伐り

先日、グループホームの竹伐りを行った。

ホームの敷地の竹がかなり伸びてしまい、近隣の迷惑になりつつあったためだ。

 

実は、こうした肉体労働は好きである。

高校生の時は、シフト制のアルバイトは拘束される感じが面倒くさく、小遣いが足りなくなると、休日の早朝、東神奈川駅に行き、手配師の誘いで日雇いの土木作業員をしていたこともある。今のみなとみらいで、ネコ車でひたすら砂利を運んだりとか。

給与は勿論トッパライ、当時で11,000円位だったかな。バブリーな時代だったね!

そんなこともあり、道具にはこだわりたい。

数日前にワークマンで、産業用保護手袋と虫除けネットを購入。勿論長靴も欠かせない。

 

ワクワクした気持ちで現場に赴くと、Sサビ管の衣類一式も大したもの。

メッシュ(赤色)の鳶シャツに鳶ズボン、鳶用安全靴とハンパない鳶づくし。

どうやら同じワークマンで買ったようだ。

で、そんな恰好から入った我々は、いざ竹を伐りにかかるが、これが想像以上にとんでもない重労働!

竹伐り工具を使い、伐り倒すものの、竹の高さは10メートル以上。

隣家にぶつけないよう、伐り方以外の一人が支えるが、これがひどく重い!100キロ以上あったんじゃないか?

__ 2

高知の虎斑竹専門店「竹虎」のサイトで、竹の伐り方を学んだつもりであったが、所詮は、にわか仕込みだったようだ。

伐る予定だったのは、3本だったのだが、今回伐った竹以外は、かなり傾斜がきつい足場の悪いところに生えており、伐っ た竹を支えることが難しいため、隣家にぶつけてしまう恐れもあり、やむなく断念。近く造園業者を呼び、対応をお願いすることとした。

残念な結果であったが、1本とはいえ、竹を伐り倒した達成感からか、終わった後の麦茶は格別だったよ!

__ 4

3 thoughts on “竹伐り

  1. 竹伐りお疲れ様でした。竹って伸びるの早くて厄介ですよね。
    来年は筍の間に収穫しておいしく頂いたらどうでしょうか。
    お二人の格好も見てみたかったです!

    そして更新ありがとうございます。最近サボり気味ですみません…。

  2. そういや、戸塚就労支援センターのSさんが、かつての就業先で、竹伐りをやってたので、声をかけてくれれば…と暑気払いで話してくれたのを思い出したよ。

    Sさんは、かつてカヌー(だったっけ?)の名選手だったとのこと。
    シーカヤックに興味にある私に今度教えてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です