日本代表応援Tシャツ完売のお知らせ

この度、皆様のご協力のおかげで日本代表応援Tシャツが無事、完売しました。

 

ラスト100枚となった今週月曜日の壮行試合では発売10分で完売となりました。

当初、全国で5000枚の販売を目標にプロジェクトを行っていましたが、

追加発注で対応するなどし最終的には8000枚近くを販売することが出来ました。

 

また全国で、神奈川県が2番目の売り上げという嬉しいオマケもついてきました。

 

これにより、選手・スタッフの金銭面による負担は大きく軽減することが出来、

サッカーに集中する環境が整ったと思います。

 

僕たちは、このご恩を結果という形で皆様に恩返しできるようにブラジルの地で

日本チーム一丸となって、精一杯世界と戦ってきます。

 

今後とも、知的障がい者サッカー日本代表への暖かいご声援、宜しくお願い致します。

 

知的障がい者サッカー日本代表チームマネージャー

利根川 俊介

http://jffid.com

 

サッカー関連 メディア情報(7月10日)

利根川さん

知的障がい者サッカー国際大会関連で、当法人の利根川職員が

タウンニュース港南区版(7/10号)に掲載されています。

タウンニュースweb版はこちらからご覧いただけます。

 

法人職員みんなで彼の活躍を応援しています。

このサイトをご覧のみなさんも、応援よろしくお願いします。

Tシャツ

また、ブラジル大会出場のための応援Tシャツ販売も引き続き行っています。

当法人のレストランH×3(桜木町)または、日本知的障がい者サッカー連盟のHPから

お求めいただけます。

ご協力よろしくおねがいします。

 

障害者スポーツの資金難

新聞

こんにちは。戸塚就労支援センターtomiです。

 

知的障がい者サッカーのW杯に向けて、

当法人でも応援Tシャツの販売を続けていますが、

7/6付 東京新聞に、この大会をはじめ障害者スポーツの

窮状についての記事が掲載されていました。

 

記事によると、知的障がい者サッカーについては、

「ブラジルへの出発(8/9)までに2000万円近くを集めなければならない」

そうです。

また、他の競技でも「経済的な事情から競技をあきらめたケース」も

あるそうです。

 

障害者スポーツをもっともっと世間の皆さんに知ってもらい、

支援の輪が広がればと思います。

 

サッカー関連 メディア情報(6月25日)

 

知的障がい者サッカー国際大会関連の番組が、6/25(水)に放送されます。

 

NHK総合テレビ

6/25(水) 午後3:15~午後3:41

ろーかる直送便 ドキュメント挑「ボールで障害を跳び越えろ~もうひとつのW杯~」

 

NHK大分放送局制作のドキュメントです。

以下、NHKのホームページに掲載されている番組内容です。

 

8月にブラジルで開かれる、知的障害者のサッカー国際大会。

その日本代表に大分市の谷口拓也さんが選ばれた。

ハンディーを乗り越え、技術を高めようと奮闘する姿を追う。

 

ぜひご覧ください。

NHKwebサイト 番組紹介ページ

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-06-25&ch=21&eid=2378&f=1613

 

みんなが集まって

こんにちは。戸塚就労支援センターtomiです。

 

先日、4月~6月に入社した3名の歓迎会がありました。

同じ法人とはいえ、事業所が違う職員同士、顔を合わせる機会はそう多くありません。

そんな中20名を超える職員が集まり、楽しい時間を過ごしました。

業務中にはできないような情報交換もできました。

 

こうして職員が集まると、法人の力を改めて実感します。

複数の事業分野の総合力と言っては大袈裟ですが…。

 

まだまだ小さな法人ですが、新入職員も入社し

今後ますます勢いづいていくであろう”こうよう会”の将来が楽しみです。

 

 

メディア出演情報(6月11日)

神奈川新聞(2014.6.11)

本日の神奈川新聞に知的障がい者サッカー国際大会の話題が

掲載されました。

神奈川県から唯一出場のGK内堀選手と、当法人の利根川職員のコメントが

取り上げられています。

 

また、日本知的障がい者サッカー連盟(JFFID)「もうひとつのワールドカップ」

オフィシャルサポーターのLiLi(横浜市出身バンド)の公式サイト内

“LiLiStream”で利根川職員出演のUSTREAM映像が配信されています。

http://www.lili5.com/LiLiStream.html

LiLiStream

 

こちらも併せてご覧ください。

 

“もうひとつのワールドカップ”日本代表応援Tシャツ

この度、当法人職員の利根川俊介が知的障がい者サッカー日本代表のチームマネージャー

兼コーチに就任しました。

また、彼がコーチとして携わっているJリーグで唯一の知的障がい者チームから

GK内堀嗣円(うちぼりひでみつ)選手が日本代表選手として選出されました。

 

日本代表はINAS世界知的障がい者サッカー選手権ブラジル大会への出場権を

獲得しております。

しかし、大会に参加する遠征費が足りていないのが現状で、このままだと選手や

スタッフが自費で大会に参加しなくてはなりません。

 

そのため売り上げの収益を大会遠征費に回すという

“日本代表応援Tシャツプロジェクト”が現在行われています。

日本全国で5000枚を販売する予定となっております。

 

そこでこのブログをご覧の皆様も活動に賛同していただける方は、

ご協力いただければと思っております。

ご家族、ご友人などにも話のタネとして広げていただければと思います。

現在の在庫はMとLの2サイズ。また、6月中旬には在庫を切らしていた

SとLLサイズが入荷予定です。

当法人のレストランH×3(桜木町 横浜市健康福祉総合センター10階)店頭でも

販売しております。

 

皆様にとってはたった1枚のTシャツかもしれませんが、彼らにとってはとても大きな1枚です!!

ご協力よろしくお願い致します。

 

横浜F・マリノス フトゥーロから世界へ(PDFファイル)

応援Tシャツチラシ(PDFファイル)

 

日本知的障がい者サッカー連盟HP

http://jffid.com

 

 

リクルートスーツ

こんにちは。戸塚就労支援センターtomiです。

外出するとリクルートスーツに身を包んだ学生たちとすれ違います。

フレッシュな感じがして、いいもんだな~なんて思いますが、

自分が就職活動しているときは、夏の暑い最中でも上着を着ての活動に

辟易したものです。

 

このリクルートスーツですが、私が10数年前にリクルートの入社試験を受けた時には

半分くらいの人が私服でした。当のリクルートの試験では必ずしもスーツじゃないんだ!と

驚きました。今は知りませんが…。

 

ネット社会の就職活動は私たちの頃とは様変わりしているようですが、

大変なことには変わりありません。

学生の皆さん、頑張ってください。

そして福祉分野にもたくさんの方が応募してくれますように!

 

 

東日本大震災から3年

こんにちは。戸塚就労支援センターtomiです。

 

今日で東日本大震災の発生から3年が経ちました。

あの日、私は会議のため新横浜にいました。

そこからバスと徒歩で戸塚区の自宅に向かった当日の事、

計画停電で真っ暗な中食べた夕食、

電話もパソコンも使えず困惑した業務…。

忘れることのできない日々です。

 

しかし、被災地の皆さんにとっては過去の事ではなく、

3年経った今も不便な生活を強いられている方々がいます。

放射能汚染など原発事故の処理も現在進行形です。

 

過去の記憶となってしまった首都圏住民の意識と、

被災地の方々の意識の差が広がっている気がします。

3年の長きにわたり、”仮設”住宅での生活を余儀なくされ、

今後の見通しも立っていない多くの人達の事を忘れない。

そう誓ってまた1年を過ごしていこうと思います。